BEYOND THE LIMIT 新たなステージへ

BEYOND THE LIMIT 新たなステージへ

アヘッド 新たなステージへ
アヘッド 新たなステージへ

オートモビル カウンシルとは何か

カローラとサニーが発売され、富士スピードウエイがオープンしてから今年でちょうど50年になる。
また日産とプリンス自動車が合併、日本初のプロトタイプ レーシングカーR380が登場したのも同じ年だ。
日本の自動車文化にとってエポックイヤーだった1966年から半世紀にあたる今年、
日本にもヘリテージの構築が必要だと「オートモビル カウンシル2016」は開幕された。

日本にヘリテージ文化が誕生した

アヘッド 新たなステージへ

text:嶋田智之 photo:Automobile Council


毎年2月にパリのポルト・ド・ヴェルサイユで開催される「レトロモビル」は、個人的に大好きなイベントだ。日頃はなかなかお目にかかれない歴史的なクルマ達や「えっ? 現存してたの?」なクルマをたくさん、それも間近で見たり写真を撮ったりすることができるし、自動車に関連するアートを鑑賞することもできるし、自分のクルマ趣味にまつわる本だとかミニチュアだとか小物類だとかパーツ類だとかの掘り出し物を物色したり手に入れたりすることもできる。さらに近年では世界中の自動車メーカーがブースを構え、自分達の現在と過去を繋ぐ素晴らしい展示を見せてくれてたりする。1日どころか2日を費やしても、飽きることなく楽しめる。この地では自動車は完全なる文化なのだという事実を痛感させる、それはそれは分厚いイベントなのだ。
 
その日本版が開催されるらしいと耳にしたのは、いつだっただろうか。その中心人物が業界の大先輩であり、ひと頃は同じレースに出場していてコテンパンに打ち砕かれ続けて以来、勝手に兄貴分と思わせてもらっているカーグラフィックのボス、加藤哲也さんだと聞いて、「だったらだいじょうぶだな」と妙に安心したような気持ちになったことは記憶している。荒らすだけ荒らしてトンヅラしちゃうような人じゃないし、見た目のクールさに反して相当な自動車ロマンティストであることを知っていたからだ。
 
だから〝オートモビル・カウンシル〟と名づけられたこのイベントに、僕も当然ながらお邪魔してきた。展示車両およそ120台というのは本家と較べたら少ないけれど、よくぞここまで珠玉といえる貴重なクルマ達が並んだものだ、と感じたのも確かだ。真のクラシックからヤングタイマー、そしてそれらを基にしたレストモッド的な新しい提案まで、いずれも見応えのあるものばかりだった。

アヘッド 新たなステージへ


「クラシック・ミーツ・モダン」というテーマの元、トヨタがカローラの50周年、日産がプリンスとの合併50周年、スバルが水平対向エンジン50周年を題材にした展示を行い、マツダが自社のデザインの歴史をフィーチャーしたブースを設け、ボルボがクラシック・モデル専門のワークショップ開設を発表し、アバルトは新型124スパイダーの国内発表をここで行うと共に、かつてのフィアット124アバルト・ラリーを展示、マクラーレンはジャパン・プレミアとなる570GTの向こうに名車F1を並べるなど、自動車メーカーやインポーターが賛同の姿勢を示していたのも素晴らしかった。

日本が誇るべきアーティスト達も作品を展示販売し、クルマ好き達が心躍らせてしまうショップも並び、開催初年度ということを考えると、期待した以上のイベントになっていたと思う。唯一コケそうになったのは、展示車両に中古車屋さんの店頭と同じような車両価格の表示がされていたこと。

本家のレトロモビルもクルマの展示即売会としての意味合いは大きいが、入場料を払って訪れるお客さんを幻滅させるような表示の仕方はまず見られない。これは、このイベントを気に入ったからこその、期待を込めた提案でもある。
 
とても静かで落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりと気ままにクルマを眺めて歩けたり、知人に会ってクルマ談義に花を咲かせたりできた1日は、本家レトロモビルとすでに同じような充足感を与えてくれるものだった。ひとりのクルマ好きとして、存分に楽しませていただくことができた。
 
加藤さんが〝カーグラフィック〟の名前をあえて冠にしなかったのは、こうした世界観をひとつのメディアの功績としてそこに閉じ込めるのではなく、それが大きく広がっていくのを目指していることの証だろう。すでに来年の開催もアナウンスされている。僕が陰で何かできることはないか? なんて考えてしまうほど、その日が来るのが待ち遠しい。


----------------------------------------------
text:嶋田智之/Tomoyuki Shimada
1964年生まれ。エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集長を長年にわたって務め、総編集長として『ROSSO』のフルリニューアルを果たした後、独立。現在は自動車ライター&エディターとして活躍。

次ページ「日本の自動車文化を新たなステージへ引き上げたい」

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives