定番を売るということ

ネグローニ : 受け継がれた定番

アヘッド 定番を売るということ
アヘッド 定番を売るということ

text:まるも亜希子


今や日本発のドライビングシューズブランドとして、唯一無二の地位を確立しているネグローニは、古くは「靴の町」として栄えた浅草にほど近い、南千住をルーツとしている。

隅田川を横目に眺めながら、工場とショールームが一体となったようなオフィスを訪ねると、30歳の若さで二代目を継いだブランドディレクター、宮部修平さんが爽やかな笑顔で出迎えてくれた。

その隣りで微笑んでいるのは、お母様である取締役社長の明美さんだ。先代の修一さんが亡くなってから、まだ1年半あまり。怒濤の日々を過ごしてきたことは想像に難くないというのに、そんなことは微塵も感じさせず温かい言葉をかけてくれる。明美さんのこの人柄が、ネグローニをずっと陰で支えてきているのだろうと感じる。

アヘッド 定番を売るということ

2階のショールームに入ると、まず目に飛び込んでくるのは完璧にディスプレイされた、新生ネグローニが創り出す世界観だ。でもどこか、その世界だけに留まらない不思議な感覚をおぼえる。片側がガラス張りになっていて、そこから工場の製造風景が一望できるという、ちょっと新鮮なレイアウトがその一因だろうか。

ひと昔前ならば、お客様に見せるのはショールームでの完璧な世界観だけで、そのいわば舞台裏は隠すのが常識だったはず。あえて、商品を手に取りながらその製造過程を見てもらおうという発想は、それによってより深くブランドを理解してもらいたい、安心や信頼を届けたいという修平さんの想いに加えて、世代ならではの感性がもたらしたものにちがいない。

シューズだけでなく、バッグ、キーケース、ポーチとさまざまな商品が並ぶショールームはつい目移りしてしまうが、やはりスッと手に取るのは「ネグローニといえば、これ」と言える馴染みのあるドライビングシューズ、「イデア」だ。

先代がどっぷりとドライビングシューズ・メカニズムの研究に没頭し、ようやく生まれたこの一足は、のちにネグローニのベースコンセプトとなる多くの技術によって成り立ち、ドライビングと歩行における絶妙なバランスがネグローニのドライビング・フィロソフィーを決定づけたものだという。

さらに、形状を変えることのできるウェットカーボンを見つけた先代が、「カーボンが靴に使える時代が来た」と歓び、誕生したのが「イデア」のハイエンドバージョンである「イデアコルサ」だ。まるでカーボンに浮き彫りになるような「n」のエンブレムが印象的で、立体成型でヒールホールド性が飛躍的に向上したバケット・インソールも初採用されている。そしてこれが、先代が手がけた最後のモデルとなった。

アヘッド 定番を売るということ

「父が生きている頃は、しょっちゅう衝突していましたね。ほんの小さなことでも、まるでコンペをするようにバチバチと火花を散らして闘って、ライバルのような凌ぎあいをしていました。今では、自分と相手の感性を正直にぶつけ合える関係というのは、良かったのかなと思えますけどね」

そんな修平さんが、実は先代の生前にデザインして、何も知らせずにリリースしてしまったモデルがある。当時、修平さんは焦っていたのだという。ネグローニの顔として「イデア」が浸透してきたのはいいが、このままいくと世界が狭くなってしまうのではないか。nのエンブレムやスニーカータイプにとらわれ過ぎていないか。

でもそれを先代には言い出せないまま、一度ゼロにリセットしたいとの想いで生み出したのが、チャッカーブーツタイプの「クワトロ」だった。この、一見するとオーセンティックなチャッカーブーツにしか見えないデザインにも、修平さんならではの感性がある。

アヘッド 定番を売るということ
アヘッド 定番を売るということ

▶︎修平さんが手がけたフィオラノ。着脱しやすいようにベルト タイプのストラップをジェラルミン製のフックに改良した。


「取引先の会社などを訪問した時に、スニーカーでエントランスを抜けるのがイヤだったんですよ。だから、機能はしっかりとドライビングシューズでありながら、そうは見えない、スーツにも似合うようなデザインが欲しいと思ったんです。それまでは、木型をプレーンで使うというのもタブーだったんですけど、それもゼロに戻して。〝ドライビングシューズだったら、何をやってもいい〟という発想に切り替えたんです」

繊細でタフなスポーツドライビングを可能にするという、ネグローニの哲学は「イデア」と変わらない。でもまったく別の顔をもつ「クワトロ」が完成したことによって、修平さんはさらなるチャレンジに打って出る。チャッカーブーツよりももっとトラディショナルなイメージのある、ダブルモンク・ストラップをドライビングシューズとして再解釈しようとしたのだ。

それは、「父と直線的に同じことはしたくないんです。なんというか、死んだあともまだ勝負が続いているような感じなんです」と言う修平さんが、初めて真っ向から父に挑んだものだったのかもしれない。定番を超えたいという想い、修平さんにしか創れない定番を創るんだという想い。さまざまな想いがあったのではないだろうか。

アヘッド 定番を売るということ

その挑戦は簡単ではなかった。でも試行錯誤の末、完成した「フィオラノ」は、未だかつて誰も見たことのない、新感覚のドライビングシューズになった。しかも、スニーカータイプよりも何よりも、ネグローニ史上最高のフィット感という、誰もが驚く成果を導き出したのだった。

「フィオラノには、新しいネグローニの哲学が込められたと思います。時代を求めた結果でもあるし、若い世代の感性にも響くものになりました。でも、実は木型とソールはイデアと一緒なんです。あらためて、定番がちゃんとあるから、こっちができたのだと思うし、引き立て合うことができたのだと思いますね」

あれだけ衝突してきた先代だが、修平さんにとって、ひとつだけ素直に同意できる考え方があったという。それは、「シーズンごとに、デザインをいろいろ作るな」というもの。お客様にとっては、いつまでも同じ靴を履くことができる。

長い期間をかけて、その靴を楽しんでもらえるようにしたいという考え方だ。そこに修平さんは、新しいデザインをリリースしていくにあたり、「ひとつひとつの履き心地、楽しみ方は変えていく」ことをプラスした。ネグローニの靴はどれを履いても同じというのではなく、「こんなシステムが隠れてたのか、とお客様に発見してほしい」のだという。

アヘッド 定番を売るということ

父が生んだ定番は今、息子の感性によって新たな息吹が吹き込まれ、その世界をどんどん広げていっている。それはきっと、定番とは人が生きた証でもあるからではないだろうか。

「僕がイデアに手を加えることは、もう無いと思うんです。でも、なんかアイツにはいつまでも頑張って居座って欲しい。そんなふうに思っています」

亡くなってもなお、息子にとって父の存在は大きい。だからこそ、息子もそれを超えようと大きくなれる。定番というものが映し出す、親子だからこその葛藤や愛情が、ここにあふれていると感じた。

-----------------------------------------------
text:まるも亜希子/Akiko Marumo
エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。ファミリーや女性に対するクルマの魅力解説には定評があり、雑誌やWeb、トークショーなど幅広い分野で活躍中。国際ラリーや国内耐久レースなどモータースポーツにも参戦している。

次ページスタジオ オリベ : 定番だけを作り続ける

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives