特集 ミニチュアカーに昂る

アヘッド ミニチュアカー

KYOSHO 京商 ー今なぜミニチュアカーなのか

text:伊丹孝裕、世良耕太 photo:長谷川徹、桜間 潤、

「京商」が提案するミニチュアカーの世界

アヘッド ミニチュアカー

▶︎アルピーヌ・ルノー(¥14,490)と、カウンタックLP5000S(¥14,490)は、1/18スケール。歴代ポルシェ他1/64スケールはコンビニ専用モデル(¥500)。その他は1/43 スケールモデル。


子供のオモチャか、趣味人のコレクターアイテム。ともすれば、そんな両極端なイメージで語られがちなのが、“ミニチュアカー”の世界だ。ところがここ数年、そうしたイメージが急速に変化している。子供でもなく趣味人でもない、ごく一般的な大人がミニチュアカーに熱くなっている。

例えば某コンビニ。そこには100分の1スケールのフェラーリが缶コーヒーと共に陳列され、お菓子の棚には64分の1スケールのランボルギーニが並ぶ。そんなシーンに物欲を刺激され、ふと手を伸ばした人も少なくないはずだ。

実はこうした状況の背景には、ラジコンで世界的に有名な「京商」の存在がある。誰もが立ち寄れるコンビニというスペースを活用して、言わば日本最大のミニチュアカーショップを作り上げてしまったのだ。

こうした手軽なミニチュアカーだけではなく、マニアをうならせる精巧なスケールモデル造りこそ京商の真骨頂だ。最大12分の1スケールまでの様々な自社ブランドのバリエーションを展開する一方、海外メーカーのディストリビューターとして27社もの製品を取り扱い、常にミニチュアカーの魅力を発信し続けているトップブランドである。

アヘッド ミニチュアカー

▶︎2004年にスタートしたサークルKサンクス限定の1/64スケールコレクション。累計で1,200種類を超える人気シリーズである。


今回は同社のダイキャストグループに所属する後藤陽輔氏と岡部映広氏にミニチュアカーの魅力について話を伺った。

「ミニチュアカーの魅力は、そのスケール感からくる手軽さにあると思います。私ども京商は、2006年から4年間、表参道ヒルズ内にアンテナショップを構えていました。女性の買い物の付き合いで来た男性がふと立ち寄ってミニチュアカーを買い求める、あるいは女性が男性へのプレゼントとして買って行かれたりしたんですよ。それまでミニチュアカーを手にしたことがなかったり、子供の時に遊んで以来だったりするお客さまが大半でした。大きさや価格帯が違ってもコンビニの場合と同様、きっかけさえあれば誰にでも手に取って頂けることを実感したのです。ミニチュアカーは、クルマ好きには、宝石のようなもの。そう考えてもらうと興味のない方にも少しは理解して頂けるんじゃないでしょうか。自分ではなかなか買わないけれど、自分の物になるとすごく嬉しいという点でも似ていますよね。それにプレゼントしてもらった時、相手が自分の好みや拘りを考えて選んでくれたんだということが伝わるアイテムでもありますから必ず喜ぶ顔が見られますよ」。

アヘッド ミニチュアカー
アヘッド ミニチュアカー

▶︎京商は自社ブランド製品のほか、『MINICHAMPS』、『ixo』、『J-collection』、『HOTWHEELS』、『Premium ClassiXXs』など27社の海外製品を販売している。


では、そういったマニアではない人がミニチュアカーを選ぶポイントはどこにあるのだろうか。

「一番多いのは、自分が乗っているクルマや、彼やご主人が所有しているクルマを選ぶケース。もうひとつは、かつて自分や家族が乗っていた、あるいは憧れていたクルマを選ぶ過去を振り返るケース。いずれにしろ、大切なものをカタチに留めて家の中に置いておけることが魅力のひとつだと思います。誰もがコレクションに走る必要はないですし、お気に入りの一台を探し出してもらえると嬉しいですね」。

手に入れた一台を机や本棚、あるいは玄関などにさり気なく置くことも提案してくれた。花や絵画を飾るのと同じように自身の世界観を表現するツールになるからだ。

「写真やビデオって記憶を2次元で残すものですよね。ミニチュアカーはそれを3次元、つまり立体化して残せるのが魅力なんです。それがスーパーカーだったりすると、子供の頃に感じたワクワク感をボディに触れながら思い出して、その頃の気持ちに帰れるんです。イマジネーションで時間を巻き戻すことができるタイムマシンなんですよ」。

現実的には、手に入れられないクルマの数々を部屋の中に飾ることができて、なおかつ何の条件にも縛られないのがミニチュアカーの世界なのである。

昔、夢中になったスーパーカーや、お金があっても買うことができないレーシングカー、今は現存していない“幻の”が付くクラシックカーや限定生産車…。

そんな憧れの対象を上からも下からも自由に愛でて、ガレージを持たなくても自分の生活空間に自由に置くことが許される、そんなクルマ好きの究極のテーブルホビーがミニチュアカーなのだ。

------------------------------------------
text:伊丹孝裕/Takahiro Itami
1971年生まれ。二輪専門誌『クラブマン』の編集長を務めた後にフリーランスのモーターサイクルジャーナリストへ転向。レーシングライダーとしても活動し、これまでマン島TTやパイクスピーク、鈴鹿八耐を始めとする国内外のレースに参戦してきた。国際A級ライダー。

次ページ「タミヤ」出身という プライドと拘り

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事