岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

水素を使って発電する燃料電池のメリットは充填時間の短さと航続距離の長さ。水素の充填にかかる時間は数分。1充填あたりの航続距離は400〜500㎞に達する。急速充電器を使っても30分かかり、なおかつ200㎞程度しか走れないEVと比べると利便性は明らかだ。

問題は水素ステーションの少なさとコストの高さだが、水素ステーションの設置に関しては政府主導で積極的な投資をすれば実現できないことはない。

問題はコストだ。技術開発によってかつての「億円」レベルから「数百万円」レベルへと飛躍的に安くなったものの、それでも燃料電池は1台あたり数十万円分の白金を使う必要がある。実はこれがFCVの将来性に暗い影を落とす大問題なのだ。

通常、工業製品は大量生産すれば安くなる。しかし燃料電池の場合、大量生産すると白金の需要が逼迫し、投機筋の思惑買いなどと相まってさらに高値になることが予想される。つまり、売れれば売れるほど高くなり、結局のところ売れなくなるのである。白金の使用量を劇的に減らす技術が開発されない限り、FCVのジレンマは解決されないということだ。

そんななか、九州大学の研究チームが阿蘇山の火口付近で白金触媒をはるかに上回る能力をもつ新物質を発見したというニュースが報じられた。水素酵素(ヒドロゲナーゼ)と呼ばれるこの酵素を燃料電池の電極に使ったところ、白金の637倍! もの能力をもっていることが判明。これはもう世紀の大発見である。

耐久性の確保など、実用化にはまだ時間がかかりそうだが、九州大学はすでに自動車メーカーとの共同研究にも乗り出しているという。FCVの未来を劇的に変える可能性を秘めた新物質が発見されたというだけでもワクワクするが、それが日本に埋蔵されているとなればなおさらワクワクする。

まだ未知数の部分はあるけれど、白金という目の上のたんこぶさえなくなれば、FCVの将来は明るい。

次ページ今月の4台

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives