私の考えるカワイイ、カッコイイ

SUVは旬を逃さない 大人な選択

ピュアなカワイイとデキるママのかっこよさ ライダーは“カッコイイ”を求めている

VOLVO XC90
車両本体価格:¥7,740,000(T5 AWD Momentum、税込)
総排気量:1,968cc
最高出力:187kW(254ps)/5,500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,500-4,800rpm

ピュアなカワイイとデキるママのかっこよさ ライダーは“カッコイイ”を求めている

SUZUKI HUSTLER
車両本体価格:¥1,547,640(Xターボ、2WD、税込)
総排気量:658cc 最高出力:47kW(64ps)/6,000rpm
最大トルク:95Nm(9.7kgm)/3,000rpm

ファッションやメイクにも流行があるように、クルマにも流行や〝旬〟があると思いますが、お洒落感度の高い方は早い段階でそれらを本能的に感じて選んでいます。それが「感性」や「センス」。

このところ世界的なクルマのボディスタイルの〝旬〟は「SUV」。もちろん昔からカクカクした「メルセデスベンツのGクラス」(通称ゲレンデヴァーゲン)や「レンジローバー ヴォーグ」のような大きいサイズで〝SUV界の老舗〟のようなものは永遠の憧れ。有名人などでもこれらのクルマファンは多いため、すっかりカリスマ的な存在になっています。これらのクルマを例えるなら、同じように見える白いシャツでも高級ブランドだったり、仕立てのいいものというイメージ。一枚でさらっと着てもサマになる感じ。

しかし、その「白シャツ」…ではなくて「SUV」を、各ブランドが手を替え品を替えて発売しているのですから、相乗効果もあってますます注目され、最も勢いのあるボディスタイルになっているのです。中でも「クーペスタイル」と「コンパクトサイズ」、「スポーティ」が最近のキーワード。

今、SUVは乗る人をスタイリッシュに見せる魔法のクルマです。なぜなら〝旬〟で勢いがあるから。その中でも知的なイメージを演出するならボルボ「XC90」。今年日本でも発売されたジャガー「F|PACE」もシャツの袖を無造作にめくっているカッコイイ素敵な女性を演出してくれそう。

一方、カワイイ女性を演出するなら、やはり生意気に見られない小さめサイズのSUVがおススメ。私はまだ試乗していませんが「シトロエン C4カクタス」は個性的でキュートなデザインなので、自分をアピールしたい人にピッタリ。クルマに詳しくない人でも、一目で印象に残るデザインです。しかしこれはプレーンな白シャツというより、デザインが凝った白シャツ。

もっとスタイリッシュなクルマがいいという方には、来年発売されるアウディ「Q2」などはいかが? いい意味で〝隙が無さそう〟で、ディテールに凝った白シャツという感じ。また、軽自動車の「スズキ ハスラー」も派手めなボディカラーを選んで乗って欲しいですね。しかしこれはもう〝白シャツ〟ではなく〝カラーシャツ〟かも!?。

つまり女性の白いシャツ姿が素敵なように、女性とSUVの組み合わせはとても相性がいいと私は思うのです。

CITROËN C4 CACTUS
車両本体価格:¥2,380,000(税込)
総排気量:1,199cc
最高出力:60kW(82ps)/5,750rpm
最大トルク:118Nm(12.0kgm)/2,750rpm

次ページ背伸びしたクルマはパワーブーストになる

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives