岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.76 VWトップとの会食

VOL.76 VWトップとの会食

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

自動車関連としては史上最大級と言ってもいいスキャンダルを起こしたフォルクスワーゲン(以下、VW)も、同ブランドCEOに就任したばかりのDr.ヘルベルト・ディース氏を送り込んできた。彼の前職はBMWの開発担当役員。VWはメルセデスやオペルからも要職を受け入れていて、いまやオールドイツで立て直しを図っている格好だ。

日本のジャーナリストと胸襟を開いて話し合いたいという彼の意向を受け、実はついさっきまでそのディース氏と夕食をともにしていた。技術論から企業論にいたるまで、さまざまな話題が飛び出す非常に濃いやりとりだった。

技術的なことはすでに報道されている通り。僕がいちばん知りたかったのは、なぜVWのような技術志向の強い真面目なメーカーが今回のようなことをしてしまったのかということだった。東芝はトップによる達成不可能な目標設定がきっかけで不正会計処理に手を染めてしまった。VWにもトップの命令は絶対という企業文化があるのか?

「VWの指揮命令系統が他社と比べて際立って厳しいとは思いませんが、あなたが抱いている疑問にも原因の一端があったのかもしれません。どの企業も高い目標を設定し、それが経営の原動力になっています。ただ、経営者は目標が達成可能なものかどうかを常に正しく判断しなければならなりません」

真相は今後、司法の場や社内の特別調査委員会によって明らかにされていく。問題は今後のVWの在り方だ。ここにすべてのやりとりを記すことはできないが、EVやPHVといった電動化推進もそのうちのひとつ。しかしいちばん印象に残ったのは「お客様の信頼を回復するためにはなんでもやる覚悟があります」というストレートな言葉だった。

ブランド再建を託すのに相応しい、率直で誠実な人物だなと思った。これから険しい道のりが続くことになるが、VWは必ず復活するだろう。

次ページ今月の4台

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives