岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.81 眠る警察官

VOL.81 眠る警察官

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい ロゴ

正解は“ハンプ”。道路に設置したかまぼこ状の段だ。スピードを落とさずにハンプを乗り越えると、クルマは激しく揺れ、最悪の場合下回りを打つことも。だからドライバーは半ば強制的に速度を落とすことになる。

日本でもスーパーマーケットなどの広い駐車場ではちょくちょく見るようになったけれど、道路への導入はまだまだ少ない。おそらく先進国でもっともハンプが普及していない国だと思う。

見通しの悪い交差点での出会い頭事故、自転車や子供の飛び出しなどなど、住宅街にはとても危険な道路が多く、人身事故が多発している。ハンプが普及すれば、こうした事故をかなり防げる。事実、事故多発交差点に試験的に設置したところ、事故が8割減ったという例もある。

ところが行政はなかなか重い腰を上げようとしない。なぜか? 荷物を載せたトラックがハンプに気付かず速度を落とさず通過すると荷台から盛大な音がする。それに対し付近の住民から苦情が出るというのが最大の理由らしい。

それもわからないではないけれど、速度を落とさないのはそもそも日本にハンプというものを知らないドライバーが多いからで、普及が進めば自然に速度を落とすようになるだろう。

また、ハンプの手前をカラー舗装にする、標識を立てるなど、速度を落とさずに通過するクルマを減らす方法はいくらでもある。そのうえで事故防止効果を訴えれば、住民だって同意してくれるはず。他国ですでに広く普及し絶大な効果を発揮している安全対策を積極的に採用しようとしないのは決して誉められる態度ではない。

そんななか先日千葉方面の広い道路を走っていたらいきなりハンプが現れ、急減速してなんとか無事パスできた。おそらくゼロヨン族対策なのだろうが、住宅街でもない場所にいきなりハンプを付けるなんて危なすぎる。日本のお役人はクルマのことをまったくわかっていない。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives