新たなるオーセンティック 〜YAMAHA XSR900

新たなるオーセンティック 〜YAMAHA XSR900

アヘッド YAMAHA XSR900

ロングセラーモデルを数多く抱えるヤマハは、さまざまな最新技術を組み合わせることで、それらのモデルの環境性能や安全性能を高め、バージョンアップを図ってきた。それによって販売地域を広げ、同時に世界中のライダーたちの脳裏や感覚にヤマハモデルのDNAを刻み続けてきたのだ。

しかし、今は好セールスを続けているものの〝その日〟はいずれやって来る。そのとき老体に鞭を打ち、最新パーツを組み合わせて〝在りし日〟の面影にすがりながら進むべきか、DNAを受け継ぐ新たなスタンダードモデルを構築するべきかは、大いに悩むところだろう。しかしヤマハは、後者を敢行した。それが〝MTシリーズ〟であると、僕は考えている。

スタンダードモデルとは、なにもレトロなデザインを纏っている必要はない。コンセプトが明確で、それがあらゆる角度から見て貫かれていれば良いのだ。ヤマハのMTシリーズはさまざまな気筒数、そして排気量をラインアップしながら〝マスターオブ・トルク〟という横串でズバッと貫かれている。見事なまでに研ぎ澄まされたその横串を貫くには周到な準備と、変化にともなう痛みに耐える心積りがないと到底成し得ない。

ヤマハが考える未来には、その痛みに耐えるだけの価値がある、いや耐えなければならないほどの変革が必要だったのではないだろうか。

アヘッド YAMAHA XSR900

XSR900は、そうやって手に入れた新しい土台の上に乗ったプロダクトだ。ネオレトロと呼ばれるデザインは、旧車から最新スポーツバイクまで、あらゆるバイクシーンの中に溶け込み、なおかつ、ベースモデルのMT-09よりも先に装備されたトラクションコントロールやアシスト&スリッパークラッチはライダーたちをサポートし、バイクに乗る楽しさや操る面白さを際立たせる。

XSR900となら旧車に乗る手練れの親父たちのなかに飛び込み、ともに走りながらコアなバイクファンでしか味わえない世界を、なんの違和感も無しに垣間見ることだってできるのだ。

XSR900は単なる懐古趣味のバイクではない。それに気付くことができたライダーは、XSR900と共に新たな世界を手に入れるだろう。(河野正士)

アヘッド YAMAHA XSR900
アヘッド YAMAHA XSR900

▶︎XSR900は、所有欲を満足させることにもこだわっている。ライトステーやフロントフェンダーステー、シート下のサイドパネルなどは、単にアルミを使用しているだけでなく、質感を重視して手間の掛かる立体的な切削加工を施す。またタンクカバーやサイドパネルのボルトは、純正部品とは思えないほどの芸術的なセンスの物が使用される。

●XSR900 60th Anniversary
車両本体価格:¥1,074,600(税込)
総排気量:845cc
最高出力:81kW(110ps)/9,000rpm
最大トルク:88Nm(9.0kgm)/8,500rpm
*受注期間は2016年9月末日まで。

次ページヤマハ・インターカラーとは何か

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives