岡崎五朗のクルマでいきたい vol.84 BMWのテーマパーク

vol.84 BMWのテーマパーク

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

2万7,000平方メートルの敷地にはBMWとミニの巨大ショールームの他、カフェ、同時通訳ブースを備えた300人収容のカンファレンスルーム、簡単な運転トレーニングができるドライビングエリアなどを併設。

展示車はBMWが28台、ミニが11台、BMWモトラッドが10台。さらに圧巻は80台という試乗車の数だ。BMWとミニの全ラインアップに加え“M”や“i8”など、普通はなかなか試乗できない高価なモデルも用意されている。また、同じ車種でもエンジン毎に試乗車があるため、実際に乗り比べて自分に合ったグレードを選べるのがいい。

広さだけでなく、ショールームの質も驚くほど高い。たとえば“M”モデルのコーナーでは天井に埋め込んだ棒状の照明の長さに変化を付け、映り込んだライトの長短によって展示車にスピード感を与える工夫がされている。

ミニのスペースも凝りに凝っていて、壁には表面をバーナーで焼いた焼き杉材を使用。ブランドカラーである黒をベースにしつつ、和のテイストを表現している。豊富なボディカラーや内装など、様々なオプションをワンタッチで選び、それをまるで実車を眺めているような高い解像度で大型スクリーンに映し出すシステムも興味深かった。

最後の仕上げが人。セールスの方は「オープン直後で慣れていないので十分なおもてなしをできず申し訳ありません」と言っていたが、受付の女性も試乗スタッフも素晴らしい対応だった。ハード、ソフトの両面がここまでくるともはやディーラーとかショールームの域を超え、BMWワールドを体験するテーマパークにいるような気分になる。

正直、こんなにワクワクするとは思っていなかったし、同行した友人は真剣にミニ・コンバーチブルの購入を検討しはじめたほど。クルマの見せ方、売り方、ブランド戦略など、いろいろなことを考えさせられた。

基本は販売店なので買う気がゼロなら遠慮すべきなのだろうが、他のメーカーやインポーターの人に会うたびに、公式でもお忍びでもいいので偵察にいくべきですよとおすすめしている。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事