岡崎五朗のクルマでいきたい vol.85 クルマ選びの正義

vol.85 クルマ選びの正義

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

言うまでもなく、不正行為に釈明の余地はない。しかしその背景には燃費でライバルに負けたら商売にならないという営業部門からのプレッシャーがあり、さらにその背後にはわずかなカタログ燃費の差でクルマを選ぶユーザーの増加という現実があったのも事実である。

もちろん、ユーザーに責任転嫁をするつもりはまったくないが、今回の件は燃費との向き合い方、ひいてはクルマとの向き合い方をもう一度考え直すいい機会になるような気がしている。

世界にはいま12億台のクルマが走っている。それぞれが1%燃費を改善すれば1200万台分!の燃料を節約できるわけで、そう考えれば「わずかな燃費差」にこだわるのは絶対的な正義だ。しかし僕はクルマを燃費で選んだことはない。

燃費なんてどうでもいいと考えているのではなく、好きなクルマ、楽しいクルマ、自分に似合うクルマ、気分を上げてくれるクルマに乗りたい、そのうえで燃費がよければラッキー、ぐらいの気持ちということだ。

燃費低減は絶対的な正義と言いつつ自分は好きなクルマを選んでるって? それって無責任な総論賛成各論反対だよね…と言われたら返す言葉はない。

その通りだ。けれど考えを改めるつもりはない。なぜならクルマが好きだから。燃費だけをモノサシにするなん、栄養があれば食事なんてなんでもいい、寒さを防げれば服なんてなんでもいいと言うのと同じ。全体主義の臭いすら漂うこの考え方を到底受け入れることはできない。

たとえば新しいポルシェ911は楽しさを維持しつつ燃費を10%も向上してきた。これこそが技術の本質だ。わずかな燃費差を競うのではなく、魅力と燃費をいかに高い次元で両立していくかがメーカーの腕の見せ所だし、われわれユーザーもそこに注目したクルマ選びをしていきたいものだ。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives