ahead meets NEXCO中日本 7月21日、館山道・市原SA(上り線)オープン

「房総」にこだわるサービスエリア

アヘッド 「房総」にこだわるサービスエリア

この夏、そんな房総半島の魅力をギュッと凝縮したようなサービスエリアが、新たにグランドオープンする。それが館山道 ドラマチックエリア市原(市原SA)上り線だ。敷地内には「TABE TABI MARKETBOSO FOOD CENTER〜房総を食べて旅するマーケット」をコンセプトに、話題のカフェやベーカリーなどが出店し、地元の食材や料理、名産品などがひしめき合い、さらに新鮮な野菜などが並ぶマルシェ、愛犬と遊べるドッグランと、盛りだくさん。モダンな空間ながらどこかホッとするような、フレンドリーな雰囲気が印象的。カフェにはテラス席もあり、心地良い時間が流れそうだ。

アヘッド 「房総」にこだわるサービスエリア

▶︎愛犬とのドライブを楽しむ人が増えていることから、青々とした芝生が目にも鮮やかな広大な敷地に愛犬を放ち、思う存分遊ばせてあげることができるドッグランがオープン。大型犬と小型犬のエリアがわかれており、水飲み場もあって安心。休憩にぴったりの東屋も新設されるので、のんびりと過ごせそうだ。*写真は市原SAの下り線のドッグランです。


さっそくマーケット内を散策してみると、まずは旅の大きな楽しみでもあるグルメの充実度がすごい。丼ものが人気の「海山食堂」では、新鮮な地元の魚介がたっぷりのった房総海鮮丼や、地卵の赤玉がとろける親子丼に舌鼓。うどんが美味しい「かのか」やトンコツらーめんが自慢の「なべとん」、そしてハンバーガー好きには、「ロッテリア」の市原SA限定メニュー(全国でも珍しい!)、元気豚メンチカツバーガーがおすすめだ。高速道路初出店の「WIRED CAFE」では、香り高いグァテマラの挽きたてコーヒーを味わいつつほっこりしたい。また、サッと軽めに食べたい時には「たべたび屋台」へ。生イカをまるごとプレスした〝いかまるごとせんべい〟や、はらくち特濃牛乳シュークリーム(バニラ・ピーナツ)が美味。そのほか「はらくち製パン所」では三芳村・安藤牧場のミルクをたっぷり使い焼き上げたパンなどが話題だ。

アヘッド 「房総」にこだわるサービスエリア

旅のお土産には、市原SA限定の房総バウムクーヘンをはじめ、ふわふわチーズケーキなど味に自信アリの名産品がズラリ。とくに高速道路初登場の市原・ともえのキムチは、あまりの人気に幻と言われるほどだとか。千葉県のゆるキャラ、チーバくんグッズもキュートで、見ているだけで楽しいショップだ。そしてマルシェにも、JA全農ちば協力のもと四季折々の新鮮な野菜などが並ぶ予定。また愛犬とのドライブを楽しむ人には、ドッグランに加えて犬グッズコーナーがあるのも嬉しい。

こうして新しい市原SAを見てくると、房総半島ドライブの締めくくりに必ず立ち寄りたくなりそうだ。

-------------------------------------
text:まるも亜希子/Akiko Marumo
エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。
ファミリーや女性に対するクルマの魅力解説には定評があり、雑誌やWeb、トークショーなど幅広い分野で活躍中。国際ラリーや国内耐久レースなどモータースポーツにも参戦している。

アヘッド ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives