岡崎五朗のクルマでいきたい vol.69 手軽なボディ剛性アップ術

vol.69 手軽なボディ剛性アップ術

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

ボディ剛性が高いと、どんないいことがあるのか? まず走行フィールがシャキッとする。土台がしっかりするとサスペンションがスムーズに動くようになり乗り心地がよくなる。

直進安定性、コーナリング性能、ステアリングフィール、内装のきしみ音などもボディ剛性の恩恵を受ける領域だ。つまり、ほぼすべてに「効く」のである。

とはいえ、流行のハイテン材を使っても強度は上がるが剛性は上がらない。剛性を上げるには基本的に板厚を上げるのがいちばんだが、そうすると重量やコストが増してしまう。

そんなわけで、エンジニアたちはいかに軽く安く剛性を上げるかに日々腐心している。当然、「本当はもっと剛性を上げたいけれど、コストと重量を考えてこのレベルで妥協しよう」というケースが出てくる。

これがタイヤやダンパーなら、ユーザーレベルでより高性能なものに交換することができるが、ボディ剛性となると話は別だ。簡単にできることといえば補強パーツを取り付ける程度。

その他にもサイドシルやピラーへの硬質発泡ウレタン注入、スポット溶接の増し打ち、リベット止め、ロールバー装着といった方法があるが、これらは一部のマニアしかやっていない手間とコストのかかる方法だ。

そんななかビックリするほど簡単にボディ剛性を向上する方法がある。レイブロスという会社が作っている「カチカチ君」というパーツだ。文房具店で売っているようなステンレス製の小型クリップをドア開口部などに自分でパチパチと挟んでいくだけ。

僕はまだ試していないのだが、複数の自動車メーカーが開発時にこのカチカチ君を使って効果的なスポット溶接の場所を決めている。実験部の人に聞くと実際に装着前後は走り味が変わるそうだ。価格も1万5000円程度なので一度試してみてはどうだろうか?

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事