岡崎五朗のクルマでいきたい vol.70 日本に迫る品質の追い上げ

vol.70 日本に迫る品質の追い上げ

アヘッド 岡崎五朗のクルマでいきたい

2011年モデルを調査対象とする2014年版米国自動車耐久品質調査で1位になったのは、毎度お馴染みのレクサス。100台あたりの不具合件数は業界平均の133件を大きく下回る68件。2位は104件のメルセデス·ベンツ。

以下、キャデラック(107件)、アキュラ(109件)、ビュイック(112件)、ホンダ(114件)、リンカーン(114件)、トヨタ(114件)、ポルシェ(125件)、インフィニティ(128件)と続く。

2位を大きく引き離したレクサスの実力には恐れ入るしかないが、その一方で、この種の調査を毎年ウォッチしてきた僕としては、米国車や欧州車の品質が大きく向上し、相対的に日本車の優位性が薄まってきていることを認めざるを得ない。

事実、業界平均を上回った16ブランドのうち日本車は半分以下の7ブランドで、米国車は5ブランド、欧州車が4ブランドとなった。

'70年代以降、燃費と品質のよさを武器に米国市場を席巻した日本車。それに対し、米国メーカーや欧州メーカーは品質向上にそれほど真剣に取り組んでこなかった。しかし'90年代に入ると品質の重要性にようやく気付き、日本流の「カイゼン」を採り入れるなどしてきた。

その結果がようやく数字に表れてきたと考えていいだろう。業界平均以下となったメーカーにしても、決して目を覆いたくなるような結果にはなっていない。むしろ上位と下位の差は年々縮まってきていてる。

クルマ全体の品質が向上するのはユーザーにとって歓迎すべきことだが、それを売りにしてきた日本車にとっては厳しい時代になってきたと言えるのかもしれない。

次ページ今月の4台

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives