ahead archives

ミニカーを愛しすぎる専門店 アイアイアド・カンパニー

耳を澄ませば、あちこちからヒソヒソ話が聞こえてくる。新入りもやってくるが、何十年もの間、じっとガラスの向こうを見守っている者もいる。運命の出逢いを待ち続けているのか、それとも安住の地を得たりとのんびりしているのか。覗き込めば、ウインクを返してくれそうだ。text:まるも亜希子 p...

  
224

目の悩みと向き合う 第2回:目のトレーニング

免許の条件に「眼鏡等」と加えられてから20年。メガネさえかけていれば運転に関して支障はないと考えていたが、最近レースをしていても、一般道で走っていても気を遣うことが多い。text:橋本洋平 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
223

マイノリティの美学 〜115年続くハスクバーナ

2015年にプロトモデルが発表され、昨年のEICMA(ミラノショー)で市販型が発表された「VITPILEN 701(ビットピーレン701)」は、今年前半には日本に導入される予定。絶滅寸前だったビッグシングル・ロードスポーツが新たに誕生するとあって世界中のシングルファンが注目してい...

  
208

リ・スタートしたレクサスLS

1989年をピークにした「バブル景気」はすごかった。とくに都市圏の「土地バブル」は凄まじく、「山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買える」といわれたほどだった。そんなタイミングで日本メーカーはレクサス('89年)、インフィニティ('89年)、アキュラ(...

  
333

バイエルンの青い空 〜人はなぜBMWに魅かれるのか

現在は不明ながら、E36型3シリーズ、ということは1990年代の後半だと思うけれど、開発中のBMW車の主にハンドリングについて(だったと記憶する)、最後の最後にオッケーのサインをするMr. BMWがいた。エンジニアでありながら運転のうまいひとで、スキッドパッドでドリフトしまくって...

  
1331

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.162 XC60がトップを射止めた理由

大本命だったリーフが日産の完成車検査問題で辞退し、大混戦となった日本カー・オブ・ザ・イヤー。トップの座を射止めたのはボルボXC60だった。この結果を受け「納得いかない」といった声も聞こえてくる。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
589

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.12 イベントごとと夫の靴

秋から春にかけて、我が家にはイベントごとが集中している。とくに2月、3月は義母の誕生日とバレンタインデー、結婚記念日にひな祭り、ホワイトデー、そして娘の誕生日もやってくる。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.184 2018年3月号]

  
846

モタスポ見聞録 Vol.12 Good-bye、グリッドガール

F1世界選手権を運営するFormula 1(フォーミュラ・ワン)は、2018年の開幕戦オーストラリアGP(3月25日決勝)からグリッドガールを廃止すると発表した。1月末になされたこの発表を受け「レースクイーン廃止?」と一部のメディアやSNSで話題になったが、グリッドガールとレース...

  
840

ルノーの提案するバーチャルショールーム

欧州各国や中近東、アフリカ、中南米ではすでに実施しているという「ルノー バーチャルショールーム」が、12月6日から3日間、日本でも試験的に実施された。これはルノーが世界的に取り組んでいる新しいクルマの販売方法。インターネット上で商品紹介動画を流しながら、その場でユーザーからの質問...

  
219

22年ぶりに誕生したタクシー専用車〜JAPAN TAXI

「タクシー専用車、ジャパン タクシーの出発式が行われた」 そんなニュースを耳にしてはいたものの、このニュースのどこがそんなにエポックなのか、今ひとつぴんと来てはいなかった。ところがそのニュースを聞いてすぐ、偶然にも出先で拾ったタクシーがジャパン タクシーだったのだ。これも何かの縁...

  
644

新たな、土曜日の夜の集会場 〜BMW Night Rider Meeting

晩秋というよりは初冬の冷たさを感じはじめた12月2日の夜、東京・お台場に400台を超えるバイクが集まった。BMWが仕掛けたイベント「ナイトライダーミーティング」に誘われてやってきたバイク乗りたちだ。text/photo:山下 剛 [aheadアーカイブス vol.182 2018...

  
209

一歩先行く、三菱エクリプス クロス

先進技術という意味で、いつの時代も他社の一歩先行くアイデアと技術力により〝世界初〟を唱えた装備が、過去にどれほどあったことか。エクリプス クロスで久しぶりに完璧なニューモデルを送り出した三菱自動車は、そういうメーカーである。例えば、いまの時代の主流であるエンジンの〝直噴化技術〟。...

  
668

トヨタのロードゴーイングレーサー

TOYOTA GAZOO Racingは、東京オートサロンでGRスーパースポーツコンセプトとそのテストカーを世界初公開した。text/photo:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2月号]

  
11150

新世代ボルボの快進撃

賢明なる読者諸兄であれば、新世代ボルボの快進撃をきっとご存知のことと思う。XC90以降、右肩上がりの販売台数がそれを如実に物語る。昨年はミッドサイズSUV XC60が日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、現在、本国から日本国内販売分に割り振られる新モデルはすべて完売、バックオーダー...

  
7190

スポーツモデルを買った人たちへ 〜ニスモ ドライビングアカデミー

日産のワークスチームとしてレース活動を担い、そのノウハウを活かしたパーツや車両開発を手掛けているのがニスモ(NISMO)だ。そこから送り出される数々のコンプリートカーはカタログモデルとしてラインアップされ、日産のスポーティなイメージに貢献している。text/photo:伊丹孝裕 ...

  
532

ひこうき雲を追いかけて vol.67 もう一度バイクにハマる?

編集長に就任してから1年目の2017年はずいぶんたくさんのクルマに乗ったなぁと思う。これまでも、もちろんメーカー主催の試乗会や広報車を借りるなどしてきたけれど、直接的に誌面で取り上げる取り上げないに関わらず、これまで以上に積極的にいろんなクルマに乗ろうと決めたゆえのことである。手...

  
358

雨でも9万人近くが集まる MotoGP日本グランプリ

冷たい雨に体温を奪われつつも、フルウェットだということが信じられないくらいのハイレベルなバトルを見せつけられ、手に汗を握ったツインリンクもてぎ。10月13日から開催された、2輪のロードレース世界選手権「MotoGP日本グランプリ」は、世界最速のライダーたちが、威信をかけてメーカー...

  
169

現代カーデザイン考

クルマやバイクのデザインは、昔の方が良かったとよく言われるが、今のデザインは以前より本当に劣っているのだろうか。厳しくなった安全基準や環境規制がクルマのデザインの自由度を奪っていると聞く。またマーケティングやブランディング、さらに過去のデザインの呪縛も、新たなカタチを生み出す上で...

  
3011

特集 「岡崎五朗の」クルマ購入論

クルマを買うというのは、よほど余裕のある人でもない限り、大きな決断を要すること。欲しいクルマがあるとしても、現実的な予算があるし、家族の意見も無視できない。それに駐車場の広さや燃費、購入後の維持費など、考えなければならないことがたくさんある。本誌の新車情報コーナー「クルマでいきた...

  
891

特集 日本のクラシックについて

欧州には、古いクルマを文化遺産としてとらえる価値観が根付いている。それは、国の歴史だという視点に基づいていたり、貴族意識に起因していたりする。そして自動車メーカーも自分たちの製造してきたクルマを後世に残していこうとする姿勢が古くから備わっていた。翻って戦後の日本人の生活を支えてき...

  
547
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives