ahead archives

ル・マン24h トヨタ初優勝の舞台裏

第86回ル・マン24時間レースが6月16日~17日に行われ、中嶋一貴、F・アロンソ、S・ブエミがドライブするトヨタ8号車が総合優勝を果たした。2位に入ったのは小林可夢偉、M・コンウェイ、J・M・ロペスが組む7号車で、トヨタのワンツー・フィニッシュだった。トヨタは1985年に初めて...

  
196

もう一度SUZUKIに乗る ー後編 スズキに乗る理由

「特別すごいヤツがほしいわけじゃない、シンプルなバイクが良い」「アップライトなポジションで、重た過ぎず、一泊二日程度のツーリングに行けて、2人乗りがしやすければ尚イイ」それなりの年齢になったライダーにとって、理想のバイクのイメージは、大方これに近いのではないだろうか。加えて数字や...

  
1344

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.108 白と黒のボディカラーが55%

モータージャーナリストの大先輩である故徳大寺有恒さんはクルマの色にとてもこだわる人だった。僕が「クルマ買い換えたんですよ」と話しかけると、まず最初に「で、色は何にしたの?」と聞かれたし、ご自分のクルマについても「今度○色の××を買ったんだよ」という説明のしかたをされた。徳大寺さん...

  
1352

ROLLING 50's VOL.118 世界は今、回顧主義か

ディスカバリーチャンネルやナショジオTVなどを観ていると、アメリカやイギリスで製作された、四輪旧車レストア番組やクラシックカー専門番組などが異様に多い。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.188 2018年7月号]

  
217

【11893】私の永遠の1台 VOL.28 トヨタ マークII(3代目)

高校卒業間際の1986年3月に免許をとってしばらくは、家にあった3代目トヨタ・マークⅡが「自分の」クルマだった。親が知人から譲り受けたものだった。'79年式の2ドアで、2ℓ直6エンジンを搭載していた。ボディ色はゴールドである。text:世良耕太 [aheadアーカイブス...

  
2459

EVオヤジの未来予想図 VOL.11 千年希望の神隠し

5月17日。風薫るお台場を後にしたEVスーパーセブンは、15日間の東北地方の旅を終えて、無事に東京に戻った。旅の詳しいレポートは、日本EVクラブのHPをご覧いただくことにして、ここではいくつかのエピソードをお伝えして、旅の深度を深めたい。text:舘内 端 [aheadアーカイブ...

  
437

目指せ!カントリージェントルマン VOL.12 今しかできないこと

森に暮らしていれば、ある程度受け身にならざるを得ないことは多い。春になれば雑草たちは勢いづき、否応なしに菜園を耕すタイミングもやってくる。梅雨が迫れば庭に残っている原木を切り割って薪棚に収めてしまおうという決心も勝手に固まるものだ。僕があまり外出しないのは出不精だからではなく、日...

  
313

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.16 切ない覚悟

いつもはくだらない話ばかりしている男友達が、珍しく神妙な声で電話してきた。「オヤジがやっちゃったんだよ」と落ち込んでいる。聞けば彼の愛車を父親が運転して、ペダルの踏み間違い事故で廃車にしてしまったという。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス ...

  
220

モタスポ見聞録 Vol.16 日本映画 vs モータースポーツ

よし、俺はこの映画をひいきにしよう。正直に言えば、最初は「ラリーの映画やるんだ?そりゃ珍しい」とは思ったものの、それ以上に興味を持ったわけでは無かった。マンガの原作でもあるんだろうと勝手に思い込んでいたくらいだ。だってねえ、東出昌大と新田真剣佑が天才メカニックと天才ドライバーの兄...

  
621

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.10 ドライブの記憶

運転席に座ったら、まずシートベルトを締めてエンジンをかけ、次にナビで目的地までのルート設定をするというのがお決まりの儀式だったのは、数年前までのこと。今ではナビに触れることがなくなった代わりに、スマホに向かって目的地を言い、ルートや所要時間を確認するようになった。text:まるも...

  
353

埋もれちゃいけない名車たち vol.66 超高性能・超豪華 SUVの起源「ランボルギーニ・LM002...

今や世界中でSUVが大ブーム。庶民的な小さなモノからラグジュアリーセダンも真っ青になる超高級なモノまでと、ひと昔前だったら想像もつかないほどの品揃えだ。そして昨年の12月、ザ・スーパーカー・メーカーとでも呼ぶべきランボルギーニが、〝ウルス〟というモデルを正式に発表した。text:...

  
910

モタスポ見聞録 Vol.10 レースの未来を背負う フォーミュラ E

フォーミュラE(FE)のシーズン4(2017/18年)が'17年12月2日に香港で開幕した。'18年7月末にかけて、11都市で14戦が開催される予定だ。'17年限りで世界耐久選手権(WEC)から撤退したポルシェや、'18年限りでDTM(ドイ...

  
190

ミニカーを愛しすぎる専門店 アイアイアド・カンパニー

耳を澄ませば、あちこちからヒソヒソ話が聞こえてくる。新入りもやってくるが、何十年もの間、じっとガラスの向こうを見守っている者もいる。運命の出逢いを待ち続けているのか、それとも安住の地を得たりとのんびりしているのか。覗き込めば、ウインクを返してくれそうだ。text:まるも亜希子 p...

  
220

目の悩みと向き合う 第2回:目のトレーニング

免許の条件に「眼鏡等」と加えられてから20年。メガネさえかけていれば運転に関して支障はないと考えていたが、最近レースをしていても、一般道で走っていても気を遣うことが多い。text:橋本洋平 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
220

マイノリティの美学 〜115年続くハスクバーナ

2015年にプロトモデルが発表され、昨年のEICMA(ミラノショー)で市販型が発表された「VITPILEN 701(ビットピーレン701)」は、今年前半には日本に導入される予定。絶滅寸前だったビッグシングル・ロードスポーツが新たに誕生するとあって世界中のシングルファンが注目してい...

  
204

リ・スタートしたレクサスLS

1989年をピークにした「バブル景気」はすごかった。とくに都市圏の「土地バブル」は凄まじく、「山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買える」といわれたほどだった。そんなタイミングで日本メーカーはレクサス('89年)、インフィニティ('89年)、アキュラ(...

  
330

バイエルンの青い空 〜人はなぜBMWに魅かれるのか

現在は不明ながら、E36型3シリーズ、ということは1990年代の後半だと思うけれど、開発中のBMW車の主にハンドリングについて(だったと記憶する)、最後の最後にオッケーのサインをするMr. BMWがいた。エンジニアでありながら運転のうまいひとで、スキッドパッドでドリフトしまくって...

  
1319

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.162 XC60がトップを射止めた理由

大本命だったリーフが日産の完成車検査問題で辞退し、大混戦となった日本カー・オブ・ザ・イヤー。トップの座を射止めたのはボルボXC60だった。この結果を受け「納得いかない」といった声も聞こえてくる。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
581

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.12 イベントごとと夫の靴

秋から春にかけて、我が家にはイベントごとが集中している。とくに2月、3月は義母の誕生日とバレンタインデー、結婚記念日にひな祭り、ホワイトデー、そして娘の誕生日もやってくる。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.184 2018年3月号]

  
844

モタスポ見聞録 Vol.12 Good-bye、グリッドガール

F1世界選手権を運営するFormula 1(フォーミュラ・ワン)は、2018年の開幕戦オーストラリアGP(3月25日決勝)からグリッドガールを廃止すると発表した。1月末になされたこの発表を受け「レースクイーン廃止?」と一部のメディアやSNSで話題になったが、グリッドガールとレース...

  
838
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives