ahead archives

伊丹孝裕が観た『CLOSER TO THE EDGE マン島TTライダー』生と死を浮き彫りにするマン...

時速にしておよそ230キロくらいだろうか。5速で切り返すその高速S字コーナーに入った直後、目に飛び込んできたのは、四方八方に散らばり、プラスチックとアルミの細切れと化したバイクの残骸。そして、そんなパーツの一部のように横たわっている人間の身体だった。text:伊丹孝裕 [ahea...

  
325

なぜ私はSUZUKIなのか vol.3 アメリカとGSX-Rに育てられた

バイクが同じなら…。今なら自分の才能をもうちょっと客観的にみることができるのだろうけれど、あの頃は自分の才能を盲目的に信じていた。若かった。いや、青かったってやつだ。text:鈴木大五郎 [aheadアーカイブス vol.145 2014年12月号]

  
546

忘れられないこの1台 vol.58 ヤマハ SR400

正真正銘のシングルマン。そう呼ばれるひとりの英国人に会った。その男は自分の両足を指さし、「ほら、右足の方が左足より少し太いだろう? なぜだと思う? それは何十年もビッグシングルのキックスターターを蹴り飛ばしてきたからさ」と微笑んだ。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス v...

  
2226

おしゃべりなクルマたち Vol.67 自動車小僧の分かれ道

予定では今年の6月に高校を卒業して9月に大学に入り、12月に18歳となる息子は「いよいよ、秒読みに入った」、最近、こう繰り返す。高校卒業試験のカウントダウンがはじまったかと思いきや、彼が言うところの秒読みはクルマの購入のタイミングだから呆れてしまう。text:松本葉 イラスト:武...

  
163

オンナにとってクルマとは Vol.42 運命の1台に出会うチェックリスト

失敗しないクルマ選びは、共に暮らすダンナ様選び。決して恋人選びではないですよと、よく女性に説明することがあるけれど、実際にはダンナ様選びよりもシビアである。なんたってお金を払うのは自分だし、一度買ったらそのクルマは古くなる一方で、イキのいい新しいクルマが次から次へと出てきてしまう...

  
177

「免許証の裏」に込めた意思

先日のこと。70代半ばにさしかかった母親がふとこんなことを口にした。「あと何十年も生きられるわけじゃないから楽しく過ごさなきゃね」いつだって前向きで楽観的な母らしい言葉とも言えるけれど、いままでただの一度も死を意識したことのない僕からしてみれば、うーん、やっぱり歳をとったんだなと...

  
1829

「ベビー用品ではないことが 決め手でした」〜タカタを選んだ理由

「いわゆるママ友たちと“あの掃除機がいいらしいよ”といった口コミで盛り上がることはあっても、チャイルドシートが話題になることはまずないですよねぇ」と残念そうに話すのは、桜井裕美さん。かつてはサーキットに通っていたほどのバイク乗りであり、現在は三児の母である裕美さんにとって、チャイ...

  
122

忘れられないこの1台 vol.62 FIAT500

1台のクルマに長く乗るほうで、じつは過去のクルマといっても未だに乗っている。そのクルマは1971年式のFIAT500。購入したのは大学1年生なので、もう25年以上も前のこと。こんなに長いと家族以上のなにかがあるわけで、我が人生は大きな影響を受けているというか、翻弄されまくっている...

  
1580

2輪部門、日本人初表彰台を目指せ!伊丹孝裕のリベンジ PIKES PEAKへの挑戦 VOL.1

決勝143台中143位。それが2013年のパイクスピークで僕が残したリザルトだ。要するに最下位に名前が刻まれるという極めて不名誉なものだった。本誌にその模様を連載していた時のタイトルに『2輪部門、日本人初表彰台を目指せ!』などと掲げていただけに、今読み返すと恥ずかしさ倍増である。...

  
104

小沢コージのものくろメッセ その2「安全第一」が日本とクルマをダメにする?

事故はもちろん地震カミナリ火事親父。なにかと「みなさまの安全を守るために」とか「安全第一で」という言葉が返ってくる日本。日常生活はもちろん、特に自動車界では「安全」の二文字はなにより大切とされ、金科玉条のように繰り返されている。最近の「ぶつからない機能」である、エマージェンシーブ...

  
78

忘れられないこの1台 vol.60 メルセデス・ベンツ 初代SLK

私の自動車業界との関わりは、学生時代に「ミス・チェッカーモータース」や「準ミス マツダ エチュード」などに選ばれたのが始まりだった。その後も三栄書房の「すべてシリーズ」やテレビ東京の「スーパーGT」の前身番組「GT選手権」というように、気が付けばじわじわと業界に浸かっていったのだ...

  
1540

オンナにとってクルマとは Vol.24 アンガーマネジメント

ヒステリーという言葉は、女性とワンセットで使われることが多い。語源がギリシャ語で「子宮」を意味するらしいが、大昔から女性はキィキィ声で怒っていたのだろうか。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9月号]

  
90

Rally Mongolia 2012

2009年から3年続けて出場したモンゴルラリーに、今年は出るつもりはなかった。右も左も分からなかった1年目。三好礼子さんをナビに、しっかりと走りきった2年目。菅原義正さんのナビとしてジムニークラスでクラス優勝した3年目。今年は日本でこれまでのラリーをゆっくり振り返ろう、そう思って...

  
146

“分かる人”が作った愛車のためのローン

少し旧いクルマを修理に出した時、入手が難しい部品調達や修理の手間やらで、想像を遥かに超える見積もりが出てショックを受けた経験がある。「本当に好きな人は、人生を懸けるくらいの気持ちで趣味を維持している」というから、こういうことは珍しくはないのだろう。text:村上智子 [ahead...

  
226

フランス車を考える

「サイクル・オブ・ライフ」という言葉をご存知だろうか。ルノーのデザイナーであるオランダ人のローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が2013年に発表した全く新しいデザイン構想のことだ。text:岡崎心太朗 [aheadアーカイブス vol.146 2015年1月号]

  
511

おしゃべりなクルマたち Vol.48 ピニンファリーナの光と影

セルジオ・ピニンファリーナが亡くなった。老舗カロッツェリアを創業した父、バッティスタの後を継ぎ、時代の波にのって大きく華開いたイタリアン・カー・デザインの最盛期を指揮した人物。享年86歳。text:松本葉 イラスト:武政諒 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月...

  
83

埋もれちゃいけない名車たち VOL.1 官能的に奏でるエンジン「Alfa Romeo Spider」

何かすごく嬉しいことがあって、ひとり叫び出したくなるようなハッピーな夜。心の奥の方がチクチクと痛んで、自分が澱になってしまいそうな重たい夜。まぁ、生きてるのだから色々な夜があっていい。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号]

  
447

岡崎五朗的『ジャガー論』「美しくあれ、 高性能であれ」

美しくあれ、高性能であれ…。1935年に登場した「SSジャガー100」以来、ジャガーの名を冠したクルマは常にこの言葉とともにあった。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
80

忘れられないこの1台 vol.43 DAIHATSU NAKED

「今、走行どのくらい?」「26万9千キロかな」「譲ってから10万キロ! 凄いね」「実は明日、次乗るクルマの引き渡しなんだ。ネイキッドは…ちょうど車検切れるしね」「えっ!(と電話口で絶句の私)」。text:三好礼子 [aheadアーカイブス vol.121 2012年12月号]

  
623

クルマやバイクはストーリーを増幅させる

使いこまれたトライアンフでイタリアへやって来た男。彼は少年時代を過ごしたこの土地で、ルーツを探す旅に出る。6月公開のサーフドキュメンタリー『ベラ・ヴィータ』の冒頭だ。text:山下敦史 [aheadアーカイブス vol.150 2015年5月号]

  
262
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives