ahead archives

特集 「岡崎五朗の」クルマ購入論

クルマを買うというのは、よほど余裕のある人でもない限り、大きな決断を要すること。欲しいクルマがあるとしても、現実的な予算があるし、家族の意見も無視できない。それに駐車場の広さや燃費、購入後の維持費など、考えなければならないことがたくさんある。本誌の新車情報コーナー「クルマでいきた...

  
368

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
252

特集 第三京浜物語

国道466号、第三京浜道路。東京と横浜を結ぶ片側3車線のこの自動車専用道路は、ワインディングでもなければ、景色を眺めるための道でもない。しかし、クルマやバイクで走る人を惹き付ける何かがある場所なのである。全長は、16.6キロ、時間にしてわずか15分程度で駆け抜けてしまう「第三京浜...

  
1359

三好礼子 バイクとクルマのその後に

18歳でのオートバイ日本一周ツーリングに始まって、バイク三昧、砂漠三昧の日々。いつも人よりちょっと先に、楽しいことを見つける天才。それが三好礼子という人だ。バイクとクルマのそのに、彼女が見つけたものとは…。text:若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol...

  
670

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
264

もう少し、夏

「夏はただ単なる季節ではない。それは心の状態だ。」これは、片岡義男の小説「彼のオートバイ彼女の島」のハードカバー版の表紙と「限りなき夏1」のあとがきに記されていた言葉だ。たしかに以前は、夏が近づくと心がざわめき立っていた。しかしいつの頃からか、夏という季節に気持ちが慣れてしまって...

  
2336

21世紀少年はドライブにいく夢を見るか? 小沢コージvs神尾成

インターネットの普及によって、どこにいようと何時であろうと必要な情報を取り出せるようなった。また、メールやSNSの発達によって、どこにいても、即座に人とつながれるようにもなった。誰もが時間や距離を飛び越えられるので今までよりも選択の自由度が増え、様々な生き方を実現しやすい。しかし...

  
463

ダウンサイジングと向き合う

ダウンサイジングとは、効率を優先して規模を小さくすることをいう。クルマの世界では、過給器を追加して一定の性能を維持しながら排気量を削減することや、クルマ自体を小さなものに乗り換えたりすることをさす。ユーザーにエコや維持費の低減を提供するなど、コストダウンを主な目的に発展してきた技...

  
1058

SWITCH! 思考を切り替える

自分自身の思い込みで自分自身を縛ってはいないだろうか。自分自身を取り巻く状況も変化しているのに、これまで通りのやり方で押し通そうとはしていないだろうか。あるいはそういった変化に対して、ただ諦めてしまってはいないだろうか。顔を上げて、周囲を見渡して、ほんの少し考え方を変えてみたら、...

  
301

ひこうき雲を追いかけて vol.39 片道5キロ

あれほど好きだった深夜のドライブに、ここ1年はほとんど出掛けなくなった。思い当たる要因はいくつかある。text:ahead編集長・若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.110 2012年1月号]

  
176

And I Love Car

-だけど好きなんだ いいだろ こんなにも愛しているよ- 奥田民生の歌うこんなフレーズとともに流れるCM、一度は目にしたことがあるのではないだろうか。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.110 2012年1月号]

  
180

Pay it forward 堀ひろ子からの贈り物

若いとき、人は、誰かから何かを与えられても、それを受け止めることで精一杯。大切なものを与えてくれたその人にお返しできるのは稀なこと。だから人は年齢を重ねると、次の世代に自分の受け取ったものを手渡そうとする。これはそんな女性たちの物語である。text:若林葉子 photo:原 富治...

  
170

アンダー250ccが未来を創る

ビッグバイクのラインアップが充実する一方で小型車、中型車の選択肢は少なかった。しかし、いま、Ninja250Rを皮切りに魅力的な小排気量車が続々と登場している。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.110 2012年1月号]

  
338

デザインがモノを選ぶキモになる キスカデザインが造ったKTM

スピードに陶酔したいだとか、映画で憧れの主人公が乗っていたから、などという理由で、勢いのままバイクを選ぶ年齢ではなくなった。かといって、流行りのブランドにすがる時代ではないことも分かっている。text:桜間潤 photo:長谷川徹  [aheadアーカイブス vol.118 20...

  
235

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.30 ルノー。勝機は「他と違う発想」

ルノーが元気だ。エンジンだけでなくシャシーの開発も手がけ、チーム運営も行うワークスチームとしての活動は2010年いっぱいで終了したが、2011年以降はエンジンをチームに供給するコンストラクターとして再出発を切った。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.118 20...

  
178

バイクジャーナリスト・伊丹孝裕の「ルノーはなぜ バイク乗りに受けるのか」

このところ、とても気分がいい。と、同時に困ってもいる。なぜなら、しばらく体の奥底に仕舞い込んでいた〝元クルマ好き〟の血が、ざわざわし始めたからだ。text:伊丹孝裕 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.119 2012年10月号]

  
696

Rolling 40's vol.47 第三京浜―「異界」への入り口

第三京浜を初めて横浜に向かって自らの運転で走ったのは18歳の初夏だった。免許取りたて、それも発行されてから2時間も経たないうちだったと記憶している。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号]

  
174

忘れられないこの1台 vol.67 シボレー・コルベット

20歳で芸能という世界に飛び込み、運よく仕事が動き出して数年した頃だ。バブルな時代でもあった。そんな世相の中、初めて買った「派手なクルマ」が中古のシボレー・コルベットだった。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.145 2015年12月号]

  
1675

Rolling40's vol.42 私のポイント・オブ・ノーリターン

映画「キリン」が3月3日より池袋シネマロサを封切りに、関西に続き、全国に順次公開されることになった。詳細は公式ホームページを参照して頂きたい。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.112 2012年3月号]

  
112

「あのとき」の自分

「クルマがなくても生活は成り立つでしょうけど、クルマがあれば、違う人生を送ることができるかもしれない。そうした自動車ライフの深さを伝えたかったのです」。チーフプロデューサーの佐藤明香(さやか)氏はそう語る。text:山下敦史 写真提供 : BS日テレ [aheadアーカイブス v...

  
72
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives