クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

TOPYのgreleが軽自動車の足元を高品位に飾る

軽自動車専用としてクオリティを追い求めた『grele』ブランド

トピー グレース 

幅広いラインナップとブランドラインを展開するトピー実業のアフターホイールのなかで、軽自動車専用のブランドとしてその地位を確立しているのが『grele(グレール)』です。

かつて、軽自動車用ホイールとして一世を風靡したモデル「サリタ・グレール」の上質感をさらに高めることで、新しいブランドとして生まれ変わりました。

そのため、軽自動車用にありがちな、お手頃感や親しみやすさよりも、見た目の美しさや作りの上質感、ディティールなど、品質に強くこだわった作りになっていることが特徴。

そうした上質さは、軽自動車を題材にドレスアップを楽しむユーザーのハートをがっちり掴み、絶大な支持を集めるブランドとなっています。

いまや、軽自動車用ホイールといえば『grele』。そんな確固たる地位を確立しているほどです。

さりげなく、それでいて強く存在感を主張する -REBORN-

「サリタ・グレール」から派生して新ブランドへと生まれ変わった『grele』。そのブランド第一弾として誕生したのが「REBORN(リボーン)」です。

Re born。新たなブランドとして生まれ変わったグレールには、ピッタリなネーミングと言えますね。

奇をてらわず、あえてシンプルなデザインを採用した12本のストレートスポークにより、疾走感と洗練された雰囲気が表現されています。

また、そのスポークは緩やかなコンケーブを描いていますが、じつはこれ、リム幅の狭い軽自動車用ホイールでは、難しい表現なのです。

これらの意匠によって、さりげなく、それでいて力強い存在感を主張します。スポーク間に配されたピアスボルトで、ちょっとしたお洒落を演出している点も見逃せないポイントです。

美しさを極めた8スポーク1ピースデザイン – KYOKUSE-

極限まで細くシェイプアップしたミラーポリッシュの8本スポーク、なだらかな曲線で描くナットホール周辺のアーチ形状、インチアップの効果を発揮するリムオーバー、そして個性を演出するアクセント ピアスビスなどなど…。

上質の極みをテーマにデザインされた軽自動車専用1ピースモデルが「KYOKUSE(キョクシ)」です。

上質感と人目を引きつける輝きの追求は、艶やかで高級感のあるブロンズミラーポリッシュと、眩く光を放つ高品質のスパッタリング(SPC)仕様という、カラーラインナップにも見て取れます。

漢字で表現すると“極視”。極限を視るという想いを込めた名前が与えられていることからもわかるように、見る者の視線を極限的に釘付けにするほどの魅力を放つホイールなのです。

REBORN,KYOKUSEの魅力を高める新色が登場

2017年、グレールの人気モデル、「REBORN」と「KYOKUSE」に新色が追加されました。

リボーンの新色は、ロゼミラーポリッシュ。輝きを放つミラーポリッシュに、ロゼワインを思わせる華やかな発色のカラークリアコートをプラスした新色で、15×4.5J限定で設定されるスペシャルカラーです。

一方、キョクシの新色はゴールドミラーポリッシュ。ミラーポリッシュスポークがゴールド仕様になっている他、ゴールドピアス、専用ゴールドキャップと、ゴージャスな印象に仕上がっています。こちらもリボーン同様、15×4.5J限定です。

いずれのモデルも、独自に調合したカラーで持ち味の上質感はもちろん、艶やかな女性的なファッション性や、力強いVIP感を演出、アピールすることができるでしょう。

『grele』マッチングギャラリー

この記事をシェアする