クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

今時アルミホイールは、見た目以上のサイズ感がキモ!トピー実業のドルフレン・ビゲープとは?

東京オートサロン2018でお披露目

topy

今年1月に開催された東京オートサロンの同社ブースにも展示されていただけに、気になっていた方も多いのではないでしょうか。そんなドルフレン・ビゲープは、輝くV型スポークとアンダーカット、3D感を強めるコンケーブ形状を採用した1ピースモデル。

実際のサイズよりも大径に見える?

無題

ドルフレン・ビゲープは、ドルフレンシリーズ共通の伸びやかで直線的なスポークはそのままに、シリーズ初となるツイストデザインを採用。斜めに切り込まれたスポークラインとワイドフィンを持つミラーポリッシュスポークで、ダイナミックでスピード感のあるダブルフェイスを演出しています。

【東京オートサロン2018】トピー

動きのあるスポークデザインとコンケーブ形状の組み合わせによって、実際のサイズよりも大径に見える仕上がりとなっています。さらにリム部分にはブランド名である「DORFREN(ドルフレン)」のロゴもあしらい、静かにその存在感をアピールしています。

【東京オートサロン2018】トピー

ホイールカラーは、ミラーポリッシュとブルーブラックの組み合わせ。どんなボディカラーにもマッチするカラーだけに多くのユーザーから支持されそうですね。

【東京オートサロン2018】トピー
【東京オートサロン2018】トピー

名前の由来、そしてサイズ展開は?

BIGEAP(ビゲープ)とは、BIG+LEAP(飛躍)を組み合わせた造語で、大きな飛躍を遂げたデザインや、あなたの愛車を飛躍させるという意味が込められているんだとか。

TOPY

気になるラインナップは、14インチから20インチまでの23サイズ。軽自動車からコンパクトカー、ミニバンにビッグセダンまで数多くの車種をカバーする幅広いラインナップとなっています。どんな車両にもマッチするデザインのドルフレン・ビゲープだけに、豊富なラインナップも嬉しいポイントですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives