クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

ストリート用の車高調をレーシングドライバー藤波清斗がインプレッション。TEIN FLEX Aはプリウスの走りを変えるか?

tein

快適な乗り心地を実現したストリート用車高「TEIN FLEX A」

TEIN FLEX A

一般的なサスペンションではショックアブソーバーが底付きしたときに破損を防ぐゴムやウレタン製のバンプラバーを備えていますが、段差がある道路を走行する際、これに当たると大きな突き上げが起こり乗り心地にも大きな衝撃が。
底付きでバンプラバーが圧縮されて蓄えられたエネルギーも反発力となって放出され、挙動の悪化も生み出します。

tein

そこでTEINでは「FLEX A」にバンプラバーのような反発力が発生しない油圧式のバンプストップ機構「ハイドロ・バンプ・ストッパー」をショックアブソーバーに内蔵。
衝撃をしなやかに受け止め不快な衝撃を低減することで、定員一杯状態で段差を通過する際でも全席で快適な乗り心地を実現しました。

無題

また、「FLEX A」では車高を下げてもサスペンションの全長が変わるのみでストローク量は変化しない「全長調整式」を採用。車高を変えると乗り心地が悪化してしまうことにも対応しています。

「FLEX A」はプリウスの走りを変えたか? 藤波選手に聞いてみた

tein

「TEIN FLEX A」の乗り心地や走りに興味を示したのが、3代目プリウスのスポーツモデル、「G’s」をマイカーに持つ若手レーシングドライバー藤波清斗選手です。2018年に富士スピードウェイで開催された「スーパー耐久富士24時間」でチームを優勝に導いたことで知られ、数多くのレースで活躍する注目株のドライバーです。

tein
tein

そこで早速「FLEX A」をプリウスに装着。レーシングドライバーの繊細なドライビングセンスから感じられる「FLEX A」のインプレッションを語ってもらいました。

乗り心地が良く、跳ねないので疲れない

Tein

「走り出してからすぐにわかったのは、車高調でローダウンしていても以前装着していたサスペンションに比べて乗り心地がとても良いことです。
スポーツサスペンションを付けると路面の状況によっては跳ねることもありますが、FLEX Aは段差でも跳ねないです。コーナリングだけでなく街中の交差点を曲がるだけもハンドリングが変わりました。接地感もしっかりしています。ロールも少ないです。

tein

乗り心地も良いので高速道路でも快適で疲れません。この車高調はストリートユースのサスペンションとして非常にお勧めできます。」

レーシングドライバーも太鼓判。「FLEX A」で快適なカスタムを!

Tein

「FLEX A」はストリートサスペンションに必要な高い走りの性能と乗り心地を両立した画期的なサスペンションです。16段の減衰力調整機構を搭載し、しなやかで快適な乗り心地からクイックなハンドリングまで走行状態に合わせてセッティングが可能です。
ホイールアーチの隙間から覗く緑色のTEINカラーはファッショナブルなだけでなく、耐久性や耐食性の向上にも寄与。テイン独自の特殊表面処理「ZTコート」も高い防錆性能を誇り、3年6万キロ(購入から3年間、装着から6万キロ)の保証も受けられます。

レーシングドライバーも太鼓判を押すストリート向け車高調「FLEX A」はスポーツカーだけでなくミニバン用もラインナップ。あなたの快適なカスタムカーライフにぜひいかがでしょうか。

TEIN FLEX A 装着ギャラリー

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives