クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

満を持して日本進出を果たしたネクセンタイヤ 世界中の車両メーカーで純正採用されるタイヤ「NEXEN」って知ってた?

世界各国の車両メーカーで純正装着されるグローバルタイヤ「NEXEN」

無題

韓国第3位のタイヤメーカー「ネクセンタイヤ」の創業は1942年。
今年で75年を迎えるという長い歴史を持ちます。1956年に韓国で最初に自動車用タイヤの生産を行い、1987年にミシュランと、1991年にはオーツタイヤと技術提携を結ぶなど積極的に技術を導入し、2000年に現社名の「NEXEN TIRE(ネクセンタイヤ)」に社名を変更しました。

無題

その後アメリカ法人、中国法人、ヨーロッパ法人を相次いで設立して海外進出を果たし、2017年現在世界20カ国35拠点に展開。
自国メーカーのヒュンダイ・キア・ルノーサムスンなどはもちろんのこと、フォルクスワーゲン、セアト、アウディ、シュコダ、ルノー、フィアット、クライスラー、三菱など名だたる世界的自動車メーカー17社の新車に純正装着されるまでに成長しました。

無題
無題

そして2017年にポルシェ・カイエンにも標準採用が開始されたことからも、ネクセンタイヤの性能の高さが証明されています。今後は世界シェア拡大を目指し躍進中というグローバルなタイヤメーカーです。

“N0(エヌゼロ)”をわずか2年で取得したネクセンタイヤ

無題

ポルシェが新車に標準装着させるに値する、と承認したタイヤは、「N(ドイツ語で規格、基準などを意味するNormの頭文字)」というマーキングが与えられます。
承認時は「N0」でスタートし、タイヤが進化するたびに「N1」「N2」…と数値が大きくなりますが、その「N0」を得るのは容易ではなく一般的には10年かかるといわれています。
それを、ネクセンタイヤは2年で取得しました。このエピソードからも、ネクセンタイヤの開発力の高さと性能が近年急激に向上していることがわかります。

満を持して日本市場に進出!

nexen

このようにここ数年で急成長を遂げているネクセンタイヤの成長を支え、ポルシェが承認するほどの高品質を実現した理由のひとつがタイヤメーカーでは数少ない「全自動工場」です。韓国・チャンニョン(昌寧)に2012年に建設されました。すべての工程を自動化したことで一般タイヤメーカーの半分以下の不良率を達成、フルオートメーションによりポルシェ以外の新車装着用タイヤ納入メーカーからも大きな信頼を得ています。

無題

そのネクセンタイヤが豊田通商株式会社をパートナーにして日本法人「株式会社ネクセンタイヤジャパン」を設立、2017年から日本でも販売を開始しました。ネクセンタイヤジャパンはネクセンタイヤを「スマートチョイス」というキャッチフレーズで展開しています。
その意味とは、「あまり有名ではないブランドですが、高品質なタイヤをお値打ちな価格で購入していただき、賢い買い物ができたと思ってもらいたい」とのこと。
そこで気になるネクセンタイヤの性能や使用感はどうなのか、そして「スマートチョイス」の真意を探るべく、ネクセンタイヤのインプレッションを行うことになりました。それは次回の記事で展開します。

無題

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives