クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

レースでは、勝つためのタイヤが選ばれる。クムホタイヤがサーキットで選ばれる理由とは?

性能のドロップ幅が少ないことが決め手

AUTOBAHN MOTOR with KUMHO / PORSCHE 911 Cabriolet×エクスタV700

「コントロール性も良好で扱いやすいですね。なにより性能の持続性が高いのが、エクスタV700のイイところだと思います」と語るのは、ポルシェ911カブリオレでエントリー、見事に優勝を飾った樋口さんと松井さん。

「サーキットで20周、25周とラップを重ねても、熱でフィーリングが変化することもありませんし、性能の変化も少ない。タイヤの限界もわかりやすいので、サーキット上級者がタイムを詰めるときにもコントロールしやすいですし、初心者でも安心して走ることができると思います」(松井さん)

「富士のJAF戦のようなシビアなレースだと、参加者はやっぱり勝てるタイヤを選んできます。かつては"アジアンタイヤでしょ"と、ちょっと下に見られることもあったのですが、現在は、ほぼクムホという状態です」(樋口さん)

マシンを速くするには、さまざまなアプローチがありますが、クムホタイヤのエクスタは、そのひとつの方法と言って間違いないと思います。


クムホ エクスタユーザーの皆さんが口を揃えて語るのは"コントロール性の良さ"と"耐久性"、"天候の変化への強さ"です。これは、サーキットのような限界走行ではもちろんのこと、街乗りやワインディングでも重要。

スポーツドライビング好きを自認するのであれば、クムホ エクスタを試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事