クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

耐久力に重点を置いて開発されたウインドウガラスコーティング剤

1年の1/3は降雨だから、安全のためにもウインドウのケアは重要です

G-COAT ウインドウガラスコーティング

さて、日本の年間平均降雨日数をご存知ですか?ちょっと前、2010年のデータによると、全国平均で126日。地域によって80日から170日と開きはありますが、年間平均ではその後も120日前後で推移しているようです。さらに近年、夏季の都市部では、ゲリラ豪雨が増えており雨中をドライブする機会も少なくないと思います。

こうした状況を考えると、ワイパーはもちろんのこと、前後左右の別なくしっかり視界が確保できるガラスコーティングは、安全運転の必須アイテム!

しかし、カー用品店で手に入る一般的な製品では、その効果も1ヶ月から2ヶ月程度というのが悩み。

その一方で自動車ディーラーやカーコーティング専門店では、より効果が長持ちするコーティング施工を行っていますが、値段や手軽さといった点でハードルが高いことも事実です

そんなガラスコーティングの欠点を解消し、手軽にDIYで施工可能としたアイテムがG-COATウィンドウガラスコーティングです。

本来の性能に耐久性をプラスした注目のコーティング剤

G-COAT ウインドウガラスコーティング

近年、自動車やオートバイ用のコーティングキットとして、注目を集める「G-COAT」シリーズの「ウィンドウガラスコーティング」の特長はといえば、強力な滑水効果が約6ヶ月から10ヶ月にもわたり効果が持続するということでしょう。

"進化形ウィンドウガラスコーティング剤"を謳う、G-COAT「ウインドウガラスコーティング」は専門店やプロフェッショナル用製品にも用いられる、硬化形フッ素を配合にすることで、もっとも気になる耐久性を大幅に向上しているのです。

さらに、ワイパーのビビりも少なく、夜間のギラつきも抑えることできるので、雨の日でも快適なドライブが楽しめます。

次ページ簡単作業で雨天の視界をシッカリ確保

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事