クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

タイヤメーカーから見たBBS鍛造ホイールの強みとは?タイヤのプロが語るホイールの性能。

何と言ってもデザイン

無題

――さっそくですが、タイヤメーカーから見て、アルミホイールに求めるものというのは、どんなものがあるのでしょう?

無題

成瀬「まずは、見た目のポイントになるのですが、タイヤは黒くて丸いものなので、アルミホイールのデザイン性というのはじつはかなり重要だと思っています。
タイヤ自体も、たとえば今回装着していただいたミシュラン・パイロット・スポーツ4は、タイヤの側面にアクセントを与える目的でプレミアムタッチデザインというのを施しています」

――ミシュランのロゴにベルベットみたいな手触の加工がされているところですね。

無題

モータースポーツで培った技術

無題

成瀬「それから性能ですね。モータースポーツで培った技術は一般車両にとっても重要なものなんです。
強度と軽量化と真円性を、極限まで突き詰めているのがモータースポーツの世界です。軽くても剛性がないホイールだと、レーシングドライバーはすぐに気が付きます。真円性の悪いのは論外です。

無題

斎藤さんが試乗してきた感想でも仰ってましたが、ホイールの剛性は操縦性とかフィーリングにダイレクトに反映するんです。
もちろんクルマとのマッチングもありますから、軽ければいいとは一概には言えませんが、工作精度、真円性といった部分は、とても大切です」

――実際に高剛性で軽量なアルミホイールを履くと、すごく実感できます。

無題

SUPER GTで実証されたベストパートナー

無題

成瀬「GT選手権でタッグを組ませていただいているBBSさんは、なによりも信頼できるパートナーです。
ホイールの重量を極限まで軽量化し、しかも剛性を確保して、耐久性も備えている。それにホイールの真円性が高い。この真円性というのが、なかなか厄介なんです。
タイヤを買ったらホイールに組んで、ホイールバランスを取りますよね。それでバランスが取れないと、タイヤのせいにされちゃう。もちろんタイヤが原因の場合もありますが、バランスをいくらつけても合わないときは、ホイールに問題があることも少なくないんです」

無題

――確かにホイールだけでバランスってまず見ないですね。
成瀬「タイヤとホイールってセットじゃないですか。タイヤだけでは役に立たないし、ホイールだけでも走れない。そういう意味ではアッセンブリーで機能するものなんです。ですから、いくら高性能なタイヤを履いてもアルミホイールの性能がよくないと、結局タイヤの性能は発揮できないんです。

レースの世界では軽量・高剛性で、真円性が高いことが求められます。市販車の場合でも大きくは違わないと思いますが、重さに関してはクルマとのマッチングで、ホイールの重さでしっとりした乗り心地を出している場合もあります。

そういうクルマに超軽量なアルミホイールを付けてしまうと、足元は軽快になりますがバタバタして乗り心地を損なってしまうということもあります」

――それはボクも経験あります。慣性重量って使いようなんだなというのを考えさせられました。

タイヤメーカーから見たBBS

無題

ーー最後にタイヤメーカーから見たBBSについてお願いします。


成瀬「レースでのノウハウが豊富にあるというのが、BBSの製品のバックボーンになっているのだと思いますね。

さまざまなレースのいろいろなシーンで、ホイールにとってなにが必要でなにが大切なのかというのをたくさん持ってますから。
軽量化もただ軽くすればいいわけじゃなく、どこを軽くすると効率よく軽量化できるのか、という引き出しもたくさん持っているんです。
先ほどホイールにデザイン性も重要だと話しましたが、たとえばスポークタイプのアルミホイールで、デザインのためにスポーク部を細くすると、当然剛性が気になってきます。そんな場合はスポークの幅じゃなく厚みを厚くするんだそうです。幅よりも厚みを増したほうが剛性が高くしやすいんだそうです。

無題

そういうホイールの基本的な仕組みをわかって、高剛性でデザイン性のいいアルミホイールを作ってくれるのがBBSというメーカーです。耐久性、真円性も一級の性能を確保してくれます。
もうひとつ言えることは、BBSホイールとミシュランタイヤの相性がとてもいいということです。うちもタイヤ作りには多少自信を持っていますから、その性能をきちんと発揮してくれるという意味でも、BBSは信頼すべきホイールメーカーだと考えています。」

無題

関連キーワード

この記事をシェアする