クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

鍛造ホイールの老舗BBSジャパンがリリースし続ける往年の伝統モデル「LM」そしてリミテッドモデルとは?

BBSの歩み,そしてBBSジャパンの誕生

BBS 座談会

LMを振り返る前にBBSの歴史を振り返ってみましょう。

BBSの成り立ちは1970年、Mr. Baumgartner(バウムガルトナー)とMr. Brant(ブラント)─二人のドイツ人技師が、黒い森と呼ばれるシュバルツバルト地方の小さな町Schiltach(シルタッハ)で自動車部品の製造販売会社を設立したのが始まり。
設立当初はFRP製のエアロパーツをリリースしていましたが、そのエアロパーツがヨーロッパツーリングカー選手権(ETC)のレーシングカーに採用され、その流れで1972年にレーシングカー用の3ピースアルミホイールを製造するようになったのがBBSホイールの始まりです。

ちなみに、
ブランドとしてはドイツ発祥ですが、LMをはじめとする鍛造ホイールの製造は、実は日本で行われています。
ブランドの色が強いせいか海外製と思われがちですが、実は1983年にドイツ本国BBSとの共同出資で設立されたBBSジャパンが鍛造ホイールを製造しています。


LMシリーズの成り立ち

BBS鍛造ホイールは現在でも20種類を超える種類がリリースされていますが、その中でも1994年のリリースから現在まで高い人気を誇っているのが「LMシリーズ」であります。

BBSといえばこのデザインを頭に思い浮かべる人がほとんどといっても過言ではない不朽のデザインであるLM。
元々は世界で最も過酷なレースのひとつ、「ル·マン24時間耐久レース」のエントラント用に供給されていたものなのです。

つまり、LMはLe Mans(ル・マン)の頭文字を取ったもの。
伝統の始まりはレースだったのですね。

毎年リリースされる、LMリミテッドエディション

そんなLMシリーズ。
通常はシルバーダイヤカットのリムにゴールドかシルバーのディスクというカラーラインナップですが、毎年期間限定で特別カラーをリリースしているのをご存知でしょうか? 


2017モデルとしてはホワイトブルーパールとネイビーブルーのディスクカラーのモデル

2016モデルとしてはマットグレイとダイヤモンドブラックのカラーが登場しています。

どれもこの時期だけのスペシャルカラーのため、買い逃すことがないように毎年チェックしているユーザーもいます。
例年は秋くらいに発表されるので、2018年モデルもそろそろチェックをしていた方がいいかもしれませんね。

雑誌広告で振り返るLMリミテッドエディションの歴史

この記事をシェアする